一般社団法人さいたま市薬剤師会

医師の診察を受けたあと、病院・診療所でおくすりの代わりに処方せんが渡されます。この処方せんに基づいて薬局の薬剤師が調剤する仕組みを医薬分業といいます。処方せんは、あなたのために書かれたものですから、氏名、生年月日、性別を始め、お薬の名前や量、使い方が書かれています。


医療の進歩に伴い、医師が診断、治療を進めるために各分野で専門家が必要となってきました。くすりの分野を専門家である薬剤師が行うことで、お薬の安全性・有効性について、より詳しい説明を受けることができるためです。


その「処方せん」は薬局へ持参してください。
お薬を扱うところには薬局と薬店がありますが、処方せんに基づき調剤することが法律で認められているのは薬局のみです。その薬局はあなたが自由に選べます。健康保険や老人保険を使って病院・診療所などにかかって処方せんを渡されたとき、通常、保険薬局での調剤も保険の扱いとなります。ただし、保険を使っての調剤は保険薬局でないと行えませんので、「保険薬局」「基準薬局」「保険調剤」「処方せん受付」などの表示がされている保険薬局へ持参してください。

薬局には薬剤師がおり、あなたのお薬を調剤するので、調剤方法の希望などありましたらお申し出ください。例えば、飲む薬が多く飲み忘れてしまう心配がある場合には、朝昼夕それぞれの服用時点毎に飲む薬をまとめる「一包化(いっぽうか)」という方法があります。医師の指示により行いますが、指示がない場合でも薬剤師が医師に確認をとって一包化することもできます。


処方せんを持って行く薬局は、あなた自身が自由に選べます。薬剤師の対応、薬局の立地や店内の雰囲気、待ち時間などで選んで頂ければよろしいと思います。その中で、あなたが信頼できる薬局を「かかりつけ薬局」とし、いつも処方せんを持って行ってください。
処方せんで調剤を受けるときも、大衆薬を購入するときも、同じ薬局の利用をおすすめします。

薬局では、「薬歴」という記録を残しています。この「薬歴」は個人ごとに作られていて、どのようなお薬を服用してきたか、今までに体に合わないお薬があるか、アレルギーなど体質で注意すべきものはあるかなど、お薬を飲んだり使ったりするにあたり注意すべきことが記録されています。薬歴があることで、あなたがいろいろな医師からの処方せん持って行っても、大衆薬を購入しても、薬剤師がお薬の飲み合わせは悪くないか、重複していないかなど確認してからお薬をお渡しします。また、お薬の名前、飲み方、効果、注意事項などを記録した「おくすり手帳」をお渡しすることもできます。

このように「かかりつけ薬局」を決めておけば、安心して安全で有効にお薬を飲んだり使ったりすることができます。しかし、むやみに薬局を変えるとあなたのお薬についての記録を把握することが難しくなるので、出来るだけその薬局を中心に処方せんを持って行き、お薬の相談をしてください。なお、薬剤師には医師と同様に法律により守秘義務といって、患者さんの個人情報を漏らすことが禁じられているので、プライバシーが侵害されることはありません。


「おくすり手帳」は、あなたに処方されたお薬の名前、飲む量、回数、飲み方、効能、相互作用のほか、お薬によって食事・飲み物を取る上での注意、お薬を保管する上での注意などを記録するための手帳です。この記録があると、どの薬をどれくらいの期間使っているのかがわかります。また、病院や診療所にかかるときにも、この手帳を医師・歯科医師・薬剤師に見せることで、お薬の飲み合わせや重複などについての確認をしてもらえて、安全に治療を受けることができます。